衝撃ニュース!保険の違法営業で泣く人が・・保険を味方につける方法とは?

2019/06/28

こんにちは。

 

 

愛されマネー体質改善コーチ

吉田恵美です。

 

 

今回は

『保険を味方につけるとは?』

というテーマでお伝えします。

 

 

かんぽ生命の違法営業が問題になっています。

お客様の不利益になる保険の乗り換えを

営業マンの成績のためにすすめてしまったのです。

 

たしかにお客様の不利益になるものを

提案するのはよくないことです。

 

 

「営業マンの成績のためにすすめるなんて」

と思われる方がいるのもあたりまえでしょう。

 

でも考えてください。

そもそもその保険入るべきものかを

考えたことはありますか?

 

 

先日お客様より

保険のチェックを依頼されました。

 

かなり多くの保険入っていることから

見直しをしたいというご依頼でした。

 

 

見直しをした結果

組み替えれば2万円削減することが

可能でした。

 

組み替えるかどうかは

私自身保険の営業マンではありませんので

ご本人にお任せをしています。

※必要であれば、

ご紹介はしますのでご連絡ください。

 

 

しかし、この保険一つをとっても

それだけ削減することができるとなると

家計に大きなプラスをもたらせるのではないでしょうか。 

 

現在保険に入っている世帯は

全体の8割と言われています。

 

しかし、この8割の内どれくらいの方が

加入している保険のことをわかって

いるのでしょう?

 

 

保険に多く入らなくても

社会保障で守ってくれる範囲もあります。

 

 

「みんなが入っている」からではなく、

自分にとってどういうリスクのために

入るかを明確にする必要があるのではないでしょうか。

 

例えば

将来死んだら1,000万円家族にほしいとします。

しかし、死ぬ間際に1,000万円貯金であったら

この保険はいるのでしょうか?

 

「合わせて2,000万円だしあればあるだけ

いいじゃない」

そういう方もいるとは思います。

 

しかしこの1,000万円の保険を出すためには

月々かなりの金額を払わなければ難しい。

 

それならそのお金、貯めてしまったほうが

2,000万以上になりますよ。

 

もしくは運用すれば、

それ以上のお金になることも可能です。

 

 

もう一つ

保険会社の収益源はなにをベースに

しているかを考えていいかもしれないですね。

 

 

保険会社は

・保険料の中に含まれる手数料

・預かり資産の運用益

 

この二つを収益にしているのです。

 

注目してほしいのは『手数料』

 

運用して増えたものから手数料が

引かれるのならいいですが、

もともとのお金から手数料はひかれるのです。

 

よく将来のために保険で積立をしている

というかたもいらっしゃいます。

 

 

しかしこの手数料を考えたとき、

果たして将来のためのお金のうち

どれだけがきちんと運用されているかなど

考えてみてもいいのではないでしょうか?

 

 

保険は金融商品です。

いくら払って、いくらもどってくるか?

もしくは戻ってこなくてもどこまでリスクをとれるか?

 

このような観点で検討してみてくださいね。

 

保険を味方につければ、

普段の生活ももっと楽になりますよ♪

 

もし自分でみることが難しいということであれば

 

売り込みなし!年○○万円削減できる保険料チェック

こちらでチェックをしてみてください。

 

本日もありがとうございました。

 

愛されマネー体質改善コーチ

吉田恵美

吉田恵美

吉田恵美

愛されマネー体質改善コーチ 大学卒業後商社で新人教育等を経験。 先輩女性たちの「結婚してもお金の不安がつきまとう姿」を見て、夫の経済力だけに頼らない女性を目指し猛勉強。4年で資産を2倍にした。 マネースクールでお金の先生として知識・経験を拡げ3年で200名の生徒を指導。指導する中お金や投資に関するある法則に気づく。お金の不安の正体からお金の増やし方までを一貫して伝える環境が必要と感じ新たにスクールを開発。現在はお金の不安をなくしたい女性に“愛されマネー体質改善スクール”を開講。「お金について知らなかったのに、不安もなくなって安心しました」など効果を実感する受講生が絶えない。現在はコーチ業他「将来のお金の不安をなくし、ワタシらしく生きる」を広めるため、コラムやセミナー講師などを行っている。

店舗ページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

TOP
掲載ご希望の方へ
  • お問い合わせ
  • 掲載ご希望の方へ
  • 取材・メディアの方へ