【教えても部下やスタッフがやらない、動かない本当の理由】

2019/06/28

こんにちは!

ぐっさんです。

 

さてさて、

お客様やクラアントさんからのストレスで多いのが

 

部下やスタッフに説明や教えたり、言ってもやらないんです。

 

なんてことで

イライラしたり

自分の教え方が悪いのか・・・?

 

 

ってことを感じたりするという話を聞きます

 

あなたも、職場やプライベートでも

同じようなことを感じたことはありませんか?

 

 

過去に僕もありましたよ!

なんでやらないんだ!!

ってイライラしました(笑)

 

 

でもね

実はそもそも根本的に間違っているから

行動しなかったり、やらないってことが起きてることがあるんです

 

 

あることを意識してやってみたら

相手がちゃんとやってくれたり、行動してくれたり

変わったんですよ!

 

 

【何をしたのか?】の前に

人には大きく分けて《6つのタイプがある》

ということを話しておきますね。

 

ここを話しておかないと何を言ってるのか分からないので。

 

で、

6つのタイプをブログで詳しく説明するには無理があるので大まかな違いを

書きます(汗)

 

この6つのタイプはそれぞれ

捉え方、使う言葉、反応などが全然違うんです。

 

 

例えば

AさんとBさんに同じことを言っても

捉え方(前提)が違うので

 

Aさんはすぐに出来るけど

Bさんは分からないから止まってしまってできない。

 

というようなことが起こります。

 

極端に言えば

Aさんは日本語 Bさんは英語しか分からない

使う言語が違うぐらい分かれます

 

 

もし、それぐらい違うとしたら?

 

英語しか分からない人に

あなたは一生懸命に日本語で説明しているようなものです

 

そりゃ~いつまで経っても伝わらないから

イライラしたり、教え方や説明が悪いのか?ってなりますよね!?

 

 

だから、相手が悪いわけでも、あなたの説明が悪いわけでもないんです!

 

まず、自分が日本語を使っているのか?それとも違いう言語を使っているのか?

みたいに、自分が6つのうちのどのタイプの傾向があるのか?を知ることが大事です

 

 

僕がやったのは

自分のタイプを知って、相手のタイプに合わせやってみる

 

これを意識したらあのイライラしていたストレスがあっさりと減りました!

 

 

なんで言っても行動しないのか?

なんで説明しても伝わらないのか?

と思ったら

 

「あれ?もしかしてタイプが違うんじゃないか?」

と思ってみて下さい。

 

 

もし、自分のタイプを知りたいと思ったらこちらでお伝えしてます!

https://cocolune.link/menu/fisisu5/

 

 

physis

physis

はじめまして。フィシスの三枝です。10000人以上の施術経験から肩こり腰痛など体の不調や小顔・顔の歪みなど美容と健康のお悩みはお任せ下さい!現在サロンオーナーだけでなく、矯正の技術講師/ヒーラー/質問家/目標達成や問題解決のコーチング/コミュニケーションのアドバイザーとしてお客様やクライアントさんに関われて頂いています。心と体の両方からあなたの悩みの解決のお手伝いをさせて頂きます。

店舗ページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

TOP
掲載ご希望の方へ
  • お問い合わせ
  • 掲載ご希望の方へ
  • 取材・メディアの方へ