梅雨時期のむくみ、だるさ解消★パート4

2019/07/07

 

〜むくみ、だるさ対策でビューティーアップ〜

 

前回までのむくみ・だるさ対策読んでいただけましたか?

感想や質問があればいつでもどうぞ。

 

さて前回の続きですが

私たちは普段日常的に摂取する食品に含まれる添加物、水道水や空気中、雨に含まれる

カラダにとっては好ましくないものが

どうしても体内に蓄積しています。

 

放置しておくと腸内環境が乱れ、

便秘、代謝が悪くなったり、肌のトラブル、むくみ、冷え、だるさの原因になってしまいます。

だからと言ってそれを全て避ける生活をすることは不可能なので普段から体内の毒素を排出する(デトックスする)=調整することが大切なのですね。

 

腸内環境が良くなればサプリの栄養素や

もちろん食事の栄養素が吸収されやすくなります。

日常的にデトックスすることが大事。

 

そのために普段の生活で自分でできる方法を

今回はしっかり書いてみました♡

 

 

まずは

1『入浴すること』

入浴して汗をかいて体内の不要なものを出すイメージが強いですがというよりは内臓を温め、代謝を促すことによりむくみ解消や、デトックスをしやすいカラダの土台作りをします。

 

2『白湯を飲む』

白湯を飲むことで胃腸が温められ、整腸作用が促されます。

2週間続けただけで2キロ体重が減った方もいらっしゃるほど。

お白湯だけでももちろんですがスパイスを入れるとさらにデトックス効果の高いものになります。

 

3『リンパマッサージ』

リンパに沿って自分で毎日マッサージ。アロマやマッサージオイルを使用することで老廃物を体内に排出する助けとなってくれます。

 

4『ファスティング』ファスティングは3日から6日間(プチファスティングは一日)

酵素と水分で過ごし、胃腸を休め、今の時代は食べ物にはファスティング明けはできるだけスープなど負担の少ないものからはじめます。

食べ物にあふれている時代なので食べることをしばらくストップさせるのは少し構えてしまいますがファスティングで内臓系をお休みさせることによりダイエットの他に整腸作用、カラダが軽くなる、睡眠の質が良くなる、むくみが取れる、気持ちが明るくなるなどの効果も期待できます。

 

5『ヨガをする』

ヨガをすることで歪んだ体を調整し内臓機能をあげたり、代謝を良くしたり、リンパの流れをよくします。

SunMoonでは日常自分で自宅でできるようにこそ上記5つのことをしながらファスティングサポートをしています。

 

ファスティングってやり方が色々あってファスティング中に高価な酵素を準備しなければいけなかったり特別に時間を取れなきゃいけなかったりしてそういうのだと日常的にデトックスするのは難しいですよね。

だからファスティング中に摂るものも回復食に摂るものも安価で全て自分で作ることができて自分でケアもできるというものをSunMoonでは準備しています。

 

使用するものはナチュラルなもので、5千年以上前の歴史をもち、WHOでも効果が認められているアーユルヴェーダの知恵を借りたものです。

▽ 詳しくはこちら

https://cocolune.link/menu/sunmoon%EF%BC%90/

 

土居祥子

土居祥子

10年ほど前よりヨガインストラクター、ダイエットアドバイザー、アロマセラピストとして、運動指導だけではなく食事、栄養指導、生活習慣指導を行い、ホリスティックなケアを提供している。 幼少時代から身体が弱く、21歳の時に自律神経失調症になり、自らヨガを勉強し克服する。その後、結婚、出産を経て自分自身、子供達の虚弱体質を食事、ホメオパシー、アロマで克服する。フランス料理店勤務後、24歳で出産するが体調不良、精神的にも不安定になり、ヨガを本格的に学び始め心身ともに元気になる。その後ヨガのインストラクターとして活動するようになり、のべ2500人以上のボディーワークを行ってきた。 レッスンはバレエ、加圧トレーナーの経験を活かしそのメソッドも入れている。料理教室の経験、アロマ、自然療法を指導に取り入れ、その指導は一人一人に寄り添い、わかりやすいとご好評いただいております。 モットーはヨガと料理とアロマを通して、皆さまの人生をより良い輝くお手伝いが できればと思います。

店舗ページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

TOP
掲載ご希望の方へ
  • お問い合わせ
  • 掲載ご希望の方へ
  • 取材・メディアの方へ