【褒めて伸ばす時にやってしまいがちな間違い】

2019/07/12

 

こんにちは!

ぐっさんです。

 

今や子供や職場などに浸透してきている

【褒めて伸ばす】という考え方

 

あなたも一度は聞いたことがあると思います。

実際に褒めて伸ばそうと意識して実践している方も

いるのではないでしょうか?

 

 

大半の人は褒められれば嬉しいと思います!

ただ、やってみてどうですか?

なかには

 

・褒めてみたけどいまいち効果がない

・反応が薄い

・褒めたら「どこがですか?」と聞き返された

なんてことはないですか?

 

 

もし、そんな経験があるとしたら

褒めて伸ばすときの褒め方が

ちょっと間違っているかも!?

 

 

人によってタイプがいくつかあるので

そのタイプによっては響くポイントが違ったりします

 

 

細かく分けると大変なので

今日は簡単に大きく分けた感じのものを紹介します

 

 

まずは

・人タイプ

 

このタイプの人は性格、心遣い

あなたにお願いして助かった

あなたにしか任せられない

 

と言った人柄に関係することや

その人の人間性褒める

あなたを信頼しているというのが伝わること

 

 

次に

・結果タイプ

 

この人は実績や成果を褒めてあげる

仕事の成果や、結果

今までやってきたことが凄い!

やり手!などを褒めると更にやる気になります

 

 

次に

・直感型タイプ

 

この人は周囲に注目されること、認められることを好みます

権威・ステータス・成長が好きなので

パワーがある!さらに成長できるようなイメージをしてもらうように

褒めながら促してあげるとどんどん伸びて来やすいです

 

 

この褒め方をしたら相手のテンションや

モチベーションや表情、反応がどうかをみてみると

分かりやすいかも知れません。

 

 

今日紹介した3つのポイントの内容は

ほんの一部になるので、これですべてを判断しないようにしながら

まずは、どんな傾向かな?と見るぐらいで見てみましょう!

 

 

大きく分けて3つタイプに合わせて伸ばしてあげるように

意識して褒めてみて下さい。

 

 

physis

physis

はじめまして。フィシスの三枝です。10000人以上の施術経験から肩こり腰痛など体の不調や小顔・顔の歪みなど美容と健康のお悩みはお任せ下さい!現在サロンオーナーだけでなく、矯正の技術講師/ヒーラー/質問家/目標達成や問題解決のコーチング/コミュニケーションのアドバイザーとしてお客様やクライアントさんに関われて頂いています。心と体の両方からあなたの悩みの解決のお手伝いをさせて頂きます。

店舗ページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

TOP
掲載ご希望の方へ
  • お問い合わせ
  • 掲載ご希望の方へ
  • 取材・メディアの方へ