梅雨時期のむくみ、だるさ解消★パート2

2019/07/03

こんにちは!SunMoon Sachikoです♪

 

今日は梅雨時期のむくみ、だるさ解消、体内編です。

 

起こりやすい原因は湿度や気圧色々言われていますが、血液がドロドロとしてしまいそれがカラダの不調につながります。特にこの時期はいつもよりも体内を綺麗にしておくこと、血液をサラサラの状態にしておくことが必須です。

 

 

体内を綺麗にするにはみなさんには耳にタコができるほどお伝えしていますが、やはり「お白湯」を飲んで血液、腸を綺麗にしてあげます。

理想は最低1日200ml3回お白湯を飲むことです。

これだけでも体重が2キロ減った方が何人かいらっしゃいますので、ダイエットをしたい方はぜひぜひお試しくださいね!

 

あとはパン、麺、クッキーなどの粉類を普段の半分にする、白砂糖をメープル、アガペー

、甜菜糖などに替えてみる。

粉類と砂糖は血液の質を下げ、腸内が汚れやすくなります。

 

お白湯200mlを1日3回(お水を沸騰させたものをすすりのむ)

粉類を普段の半分にする

白砂糖の摂取をやめる

 

人は2週間続けると習慣になると言われています。ひとまず2週間続けてみてね!

次回はむくみ、だるさ解消のエイジングケアとしてもつかえる対策パート3です。

 

ご質問、やってみたら変わったよ〜など嬉しいご報告があればメッセージしてくださいね♪

土居祥子

土居祥子

10年ほど前よりヨガインストラクター、ダイエットアドバイザー、アロマセラピストとして、運動指導だけではなく食事、栄養指導、生活習慣指導を行い、ホリスティックなケアを提供している。 幼少時代から身体が弱く、21歳の時に自律神経失調症になり、自らヨガを勉強し克服する。その後、結婚、出産を経て自分自身、子供達の虚弱体質を食事、ホメオパシー、アロマで克服する。フランス料理店勤務後、24歳で出産するが体調不良、精神的にも不安定になり、ヨガを本格的に学び始め心身ともに元気になる。その後ヨガのインストラクターとして活動するようになり、のべ2500人以上のボディーワークを行ってきた。 レッスンはバレエ、加圧トレーナーの経験を活かしそのメソッドも入れている。料理教室の経験、アロマ、自然療法を指導に取り入れ、その指導は一人一人に寄り添い、わかりやすいとご好評いただいております。 モットーはヨガと料理とアロマを通して、皆さまの人生をより良い輝くお手伝いが できればと思います。

店舗ページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

TOP
掲載ご希望の方へ
  • お問い合わせ
  • 掲載ご希望の方へ
  • 取材・メディアの方へ