国が丸投げ?!老後は2000万円足りない!漠然としたお金の不安に今向き合う方法とは?②

2019/06/07

こんにちは。

 

 

「愛されマネー体質改善コーチ」

吉田恵美です。

 

 

本日は前回の完結編。

「年齢に合わせた資産運用」

というテーマでお伝えいたします。

 

前回のコラムはこちら

↓↓↓

国が丸投げ?!老後は2000万円足りない!漠然としたお金の不安に今向き合う方法とは?

 

 

前回はなぜ資産運用をしなければ

いけないかということを

お伝えしました。

 

国からも

自分でどうにかしていきましょう

と衝撃的な報告書がでています。

 

 

しかし、どうにかするといっても

資産運用というものは

リスクがつきもの。

 

実際どれくらいリスクが

とれるのか

わからないですよね?

 

 

年齢よってどれくらい

リスクをとりながら

資産運用をするのがいいのでしょうか?

 

 

一般的にいわれている

リスクの割合は

 

(100-年齢)%もしくは(120-年齢)%

 

30歳の方ですと

70%または90%がリスク資産として

資産運用できるということです。

 

年を重ねるごとに

リスク資産をの割合を

下げていくことが大切です。

 

 

 

リスク資産とは簡単にいうと

元本が保証されていない 

株や不動産、投資信託などです。

 

元本が保証されていないなんて

怖い!!

と思う人もいるのではないでしょうか?

 

 

そんなあなたも怖がらなくても大丈夫。

リスク資産は時間をかければ回復するもの

と知っていれば怖くはないはずです。

 

 

一度は聞いたことがある

2008年のリーマンショックの時は

株式などが1年で50%以上値下がりました。

 

しかし現在はショックが起こる

時よりもはるかに高い

値まで値上がりしているのです。

 

リスク資産を怖いと諦めず実は

時間をかければ回復するもの

と知っていれば怖くはありませんよね? 

 

 

ちなみに株式や不動産は

持っているだけで平均4~9%のリターン

過去の歴史からみても見込めます。

 

例えば毎月5万円を30年5%で複利運用

していたら、1,800万円が

2.2倍の4,093万円になるということ。

 

現預金の0.01%でもっていて

金利がつかないことを考えると

魅力的ですよね?

 

 

 

さてみなさんはどれくらいの

リスク資産をもって資産運用すれば

わかりました。

 

それではいつ自分の将来について

見直しますか?

 

私のおすすめは今日からです。

それは明日、明後日となってしまうと

タイミングをあわず気持ちがなくなってしまうから。

 

国からも「自分たちでどうにかしていきましょう」

と言われているのに

先送りしてもなにもなりませんよね。

 

 

 

けれどもどうしても怖いという方は

を受けてみてください。

 

どのくらい運用できる期間があるのか

自分にあった削減の仕方は何だろう?

など不安解消ができますよ。

 

 

 

自分の未来は自分で守る時代。

ご自身の生き方を大切にしながら

資産運用にも目を向けてください。

 

本日もありがとうございました。

 

 

吉田恵美

吉田恵美

愛されマネー体質改善コーチ 大学卒業後商社で新人教育等を経験。 先輩女性たちの「結婚してもお金の不安がつきまとう姿」を見て、夫の経済力だけに頼らない女性を目指し猛勉強。4年で資産を2倍にした。 マネースクールでお金の先生として知識・経験を拡げ3年で200名の生徒を指導。指導する中お金や投資に関するある法則に気づく。お金の不安の正体からお金の増やし方までを一貫して伝える環境が必要と感じ新たにスクールを開発。現在はお金の不安をなくしたい女性に“愛されマネー体質改善スクール”を開講。「お金について知らなかったのに、不安もなくなって安心しました」など効果を実感する受講生が絶えない。現在はコーチ業他「将来のお金の不安をなくし、ワタシらしく生きる」を広めるため、コラムやセミナー講師などを行っている。

店舗ページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

TOP
掲載ご希望の方へ
  • お問い合わせ
  • 掲載ご希望の方へ
  • 取材・メディアの方へ