子育てにイライラ、子育ての悩み解決策は【大人の学び塾】

2019/01/28

大人の学び塾を始めました。
その内容を時々シェアしていきまーす。興味がある方は是非一緒に学びましょう。

この塾をやろうと思った理由は、自分がもっともっと成長したいなと思っている事と、自分の人生や、みんなの人生をもっともっと良いモノにしたいな。その為に自分が出来ることは何かな?と考えた結果、大人も学べる塾をやろうってなりました。

 

子どもは学校に行ったり習い事をしたり、学びを目的として活動する時間があるけど、大人になると家族や会社の為に思考や行動することが多くなって、目の前の生活で目一杯になる。自分や家族や社会の現状について考えてみたり、もっともっと自分や家族が良い人生にする為の時間って作れていない。

 

自分が何かを成し遂げようとしたら、その為の時間を作ってアンテナを張って目を向けないと気付きは生まれない。ただ何となく過ごしている時間からは学びは生まれない。

 

だからみんなの良い時間をもっと増やす為に一旦手と足を止めて大人も学ぼう!って感じです。

自分は大学生の頃から学生バスケの指導をしていたので教える経験が20年以上あります。でもね、教えていた自分が一番成長していたという事実にここ数年で気が付いたのです。意味が分かりますか?

 

教えられるより、教えた方が成長するという事実!!!

 

だから今回【大人の学び塾】をやるにあたっての最終ゴールは、みんながこの塾で学んだ事を他の誰かに教えて欲しい!そう思って内容を構成していきます。

 

先日、第一回目の講座の時に出てきた参加者さんから、「子どもとどうやって関わっていいのか分からない」とか「子どもの考えている事が分からない」というお題を頂きました。そんなリアルな内容を沢山取り扱っていきますよ~~。

 

今回みんなで考えたのは、なんで「分からなくなるのか?」って事について掘り下げていきました。

理解できるor理解できない。

興味があるor興味がない。

損得勘定、下心、介入し過ぎる、過干渉、自己犠牲、、、。

これらを良い距離感で、お互いの良い時間の為に、どうやって興味を持つのか?

どうやって「質問」をしていくのか?を話し合ってみました。

 

みんな愛あればこそ!良かれと思ってやっている事なんですけどね!

 

次回に続く~

 

高山雅樹

高山雅樹

29歳で息子が生まれ30歳で脱サラして柔道整復師の学校へ入学し37歳の時に地元に整骨院開業。自分の意志を貫く責任と借金を背負い必死に歩んできたが責任を果たすことに夢中になりすぎて自分らしさを見失う。極度の引っ込み思案で人見知りだったけど、沢山の人との出会いから「自分らしさと人生の目的」を発見し、最高に有意義な時間を取り戻す。これからの人生を更に最高な時間にするためにも世界中の人々に〝爽やかな余韻〟をプレゼントする活動を広めて行きます。一緒にやりませんか?気軽にコメントくださいw

店舗ページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

TOP
掲載ご希望の方へ
  • お問い合わせ
  • 掲載ご希望の方へ
  • 取材・メディアの方へ