【桜餅】長命寺と道明寺 あなたはどっちが好み?

2019/03/11

長命寺は関東風・道明寺は関西風

 

 

さてさて、何のことかお分かりですか?

 

和菓子好きの方はご存知かと思います。

 

 

春のお菓子の代表。

『桜餅』のことなのです。

 

長命寺(関東風)とは。

 

クレープみたいなお餅。

主に小麦粉の生地を焼いた皮であんこを巻いたもの。

 

享保2年(1717年)、隅田川沿にある長命寺では、

桜の落ち葉に悩まされて塩漬けにした。

それにお餅を包んだのが始まりだそうです。

 

 

一方、道明寺(関西風)は、

 

大阪の道明寺で作られた。

道明寺粉という、もち米を蒸して乾燥させ粗挽きにしたものを使います。

干飯(ほしいい)と言って保存食でした。

まんじゅうのようなお餅で、道明寺粉のつぶつぶした食感が特徴的。

 

 

どちらも桜の葉の塩漬けで包んでますね。

 

この桜の葉っぱも、専用に育てられてるんですよ。

 

 

柔らかくて毛が少ない大島桜が使われています。

半年ほど塩漬けにすることで、独特の風味が生まれるんですね。

 

 

長命寺も道明寺も、

桜の葉っぱごと、そのまま食べれます。

 

甘いお餅を包むことで、桜の香りや塩気で一層美味しくなるのですが、

皆さんは、そのまま葉っぱも一緒に食べますか?

 

葉っぱは剥がして中のお餅だけ食べる方もいらっしゃいますね。

 

お好みなので、どちらも間違っていません。

ご安心を。

 

 

今、まさにシーズン。

色と香りで春を感じさせてくれるお菓子です。

 

2種類を食べ比べてみるのも楽しいですね。

古武家睦

古武家睦

はじめまして 古武家 千絢(こぶけ ちか)です。 どこにでもいる普通の主婦がお助けマンに。 
十数年前、ホームメイド協会(現ホームメイドクッキング)にて
パンを習い始め手作りの楽しさを実感しました。
天然酵母パン・ケーキ・和菓子・料理などなど、
気の向くままに習っているうち、ご縁を頂き担当講師に。 お菓子作りや料理するコトを もっと手軽に。もっと簡単に。もっと楽しんで欲しい。 そんな思いから自分なりのレシピを作り始めました。
特別な材料や道具が無くても家庭で気軽に楽しんで頂けます。 又、人間関係・仕事・お金・などなど色んな問題にぶち当たってきました。 1つ1つ乗り越えてきたその経験を元にライフコーチとしての活動も始めています。 一緒に最高に幸せな人生にしていきましょう。

店舗ページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

TOP
掲載ご希望の方へ
  • お問い合わせ
  • 掲載ご希望の方へ
  • 取材・メディアの方へ