私が家計簿を続けられる理由!小学二年生からつけていたからこそ言える、楽しんで自分のお金と向き合う方法✨

2019/02/26

みなさんは家計簿をつけることを挫折したっていう経験はありませんか?

または子供にお小遣い帳をつけさせたいんだけど、うまい方法はないかしら?

なんてかたもいらっしゃいますよね?

 

 

私は小学校2年生、お小遣いをもらうようになってからずっとつけています。

なぜつけようと思ったかというと、きっかけは母からの一言でした。

 

「お小遣いをあげるから、きちんと管理していきなさい」

 

その当時私がなぜお小遣いをもらうようになったかというと、小学生がよく読む雑誌「なかよし」を購入したいからでした。

 

我が家は1年生は100円というかたちで渡すことになっていたのですが、400円の雑誌を買うのには、2年生の私のお小遣い、200円では足りなかったのです。

しかし、使うものがわかっていたので、この雑誌を買うこととお小遣い帳をきちんとつけることを条件に毎月400円のお小遣いをもらうことができました。

 

その後、もらってつけるを繰り返し、雑誌の発売日は必ずつける日という習慣化ができたのです!!

 

たまに最初はやっていたけど、飽きてしまったり、やめてしまったりしないか?ということを聞かれたりしますが、それも自分が書きたいと思うお小遣い帳を選んで買うことで、楽しく書くことができました♪

 

小さい子供でも自分で選んだもの、つけることが楽しくなるお小遣い帳を使うことでテンションが上がるので、続けやすくできたのでしょう。

 

小学校の私にとって自分のお金をもらうことがうれしく、また自分のお金を使うことが楽しかったので、楽しくお小遣い帳を書いていくことができました。

自分のお金を初めてもらうってとてもドキドキしたりしましたよね?

買い物って感情が動くときにするものなので、その気持ちはとても大切です!!

 

でもだからこそ、感情で際限なく使うのではなく、きちんと管理することをが必要なのです!

 

 

人を好かれたいともう時、相手のことをきちんと知って、自分のことも知ってもらいたいですよね?

 

お金も同じように、きちんとお金に好かれたいと思うのなら、お金はどういうものなのかを知って、自分の使い方も知るのが大切です♪

 

 

現在は忙しく、なかなか紙のお小遣い帳をつけることができなくなってきたので、アプリで簡単にお小遣い帳を付けていますが、自分の財産とどう向き合っていくか、家計簿をつけることが一歩です!

 

簡単なアプリ家計簿を試してみて楽しく自分の使い方と向き合ってみてはいかがでしょうか?

吉田恵美

吉田恵美

愛されマネー体質改善コーチ 大学卒業後商社で新人教育等を経験。 先輩女性たちの「結婚してもお金の不安がつきまとう姿」を見て、夫の経済力だけに頼らない女性を目指し猛勉強。4年で資産を2倍にした。 マネースクールでお金の先生として知識・経験を拡げ3年で200名の生徒を指導。指導する中お金や投資に関するある法則に気づく。お金の不安の正体からお金の増やし方までを一貫して伝える環境が必要と感じ新たにスクールを開発。現在はお金の不安をなくしたい女性に“愛されマネー体質改善スクール”を開講。「お金について知らなかったのに、不安もなくなって安心しました」など効果を実感する受講生が絶えない。現在はコーチ業他「将来のお金の不安をなくし、ワタシらしく生きる」を広めるため、コラムやセミナー講師などを行っている。

店舗ページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

TOP
掲載ご希望の方へ
  • お問い合わせ
  • 掲載ご希望の方へ
  • 取材・メディアの方へ