ぎっくり腰でない方に見てほしい【ぎっくり腰と水分不足の意外な関係】

2019/02/01

寒い日が続いていますね。
みなさんも毎日を元気に過ごせていますか?

 

私は今年から【大人の学び塾】なる物をオンラインで始めてみました。

子育てにイライラ、子育ての悩み解決策は【大人の学び塾】

色々な人達とお話しできるのはとても有意義な時間ですね!

学びあえる、助け合える、支え合える、そんな時間を増やしていく活動をしています。

興味がある方はお問い合わせ下さいね!

 

今は整体院での仕事をメインでしているのですが、寒くなってからぎっくり腰の患者さんが増えています。という私も昨年末にぎっくり腰で一日動けなくなりました。

 

自分で体験したから分かった事があったので、こちらでシェアさせていただきますね!

今回のぎっくり腰!私の場合の原因は水分不足でした。

へ?水分不足でぎっくり腰になるのか?って感じですよね!

 

なるんです!!!

 

しかも結構多いと思いますよ!

 

その理由が3つあります。

  • 空気が乾燥している
  • 電化製品で水分が奪われる
  • 寒いから水分を取らない

 

1つ目の理由は空気が乾燥しているから!

雨も降らないし風が強く吹いているし毎日乾燥しているのは実感するところですよね。外の空気が乾燥していると、呼吸をするだけでも身体の水分は奪われていくんです。胃腸炎やインフルエンザになるのも水分不足と乾燥の影響が大きく関わっていそうですね。

2つ目の理由がエアコンやこたつ、電気カーペットなどで水分が奪われる。これはもしかしたら実感しにくい所かもしれませんが、身体に体温以上の熱を加えることで汗をかいたり帯電したりするので身体はジワジワと乾燥します。

3つ目の理由は水分を取らないから水分不足になる。夏は身体を冷やすためにゴクゴク水分を取りますが、冬は身体を温めるためにチビチビすする様に水分を取ります。水分を取る量が圧倒的に違うので、トータルで水分不足になってしまいます。

 

汗をかいて喉が渇けば気が付くのですが、喉が渇いたりしにくいので気が付きにくいです。水分不足になると、筋肉が痙攣したりします。ふくらはぎがつったり、指がつったり、首がつったり、、、。

この時期のぎっくり腰もその1つで、その人のライフスタイルの中で一番負担が掛かっている、水分不足で固くなった弱い所に症状が出ます。急激に筋肉がつった様な激しい痛みは水分不足によるぎっくり腰の可能性があります。

しっかり水分を取るだけでも症状は軽減しますが、カルシウムなどのミネラルも一緒に摂取できるとより回復は早くなりますよ。私もぎっくり腰翌日には仕事に復帰しました。

 

この時期の水分不足は要注意です!!!

高山雅樹

高山雅樹

29歳で息子が生まれ30歳で脱サラして柔道整復師の学校へ入学し37歳の時に地元に整骨院開業。自分の意志を貫く責任と借金を背負い必死に歩んできたが責任を果たすことに夢中になりすぎて自分らしさを見失う。極度の引っ込み思案で人見知りだったけど、沢山の人との出会いから「自分らしさと人生の目的」を発見し、最高に有意義な時間を取り戻す。これからの人生を更に最高な時間にするためにも世界中の人々に〝爽やかな余韻〟をプレゼントする活動を広めて行きます。一緒にやりませんか?気軽にコメントくださいw

店舗ページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

TOP
掲載ご希望の方へ
  • お問い合わせ
  • 掲載ご希望の方へ
  • 取材・メディアの方へ