自分に「ない」ことに気付いたことから…【私が会社員から起業したきっかけ①~経歴編~】

2019/03/08

はじめまして。三浦沙矢香です。

 

本日は私の起業ストーリー前編を経歴を交えてお話したいと思います。

 

 

私は2002年に高校を卒業した後、動物が好きだったことから「トリマー」か「動物看護士」になろうと思い、専門学校へ進学しました。

 

専門学校1年生の冬休みに、初めての海外旅行でロサンゼルスへ行きました。そこで気づいてしまったんです…。

アメリカ人ってめっちゃカッコいいことに♡ 

そして、子どもも激かわいいことに♡

 

今考えると恥ずかしい限りですが、若かりし私は「こんなかわいい子どもが欲しい!」と、当時は本気で国際結婚を望んでいました。 

そしてその為には英語が不可欠。でも英語がキライだった私は全く話せない…。

 

「そうだ、ワーホリに行こう!」

と決めて、帰国後専門学校を中退しました。

 

そして、ワーホリ資金を稼ぐために、昼も夜もバイト漬けのいわゆるフリーター生活に。

それから約1年後の2004年、20歳の春から6ヵ月間、カナダのバンクーバーへ旅立ちました。

 

 

 本当は1年間行きたかったのですが、当時の彼(今の夫です)と1年間も離れるのが不安で、6ヶ月間で帰国しました。

 

国際結婚を夢見てワーホリを決めたのに、日本にいる彼との関係性を切りたくないからワーホリは6ヶ月間…当時の私は中途半端すぎますね…。

 

帰国後は念願だった国際結婚をする…わけでもなく。

英語を活かした仕事をしたいと思い、新たな仕事を探すもなかなかうまくいかず、フラフラとフリーターへ逆戻り…。

 

そんな時、友人から「化粧品メーカーで働かないか?」と声をかけていただき、それから約10年にわたり化粧品業界でバリバリ働きました。 

 

その10年の間に結婚、2度の妊娠出産を経て、2014年化粧品業界での仕事を続けながら自宅サロンを開業。

2015年3人目の妊娠を機に会社を辞めて、自宅サロン業一本に絞りました。そして2016年11月には自宅サロンを卒業し、現サロンへ移転して今に至ります。

 

(化粧品メーカーで働きながら現サロンを開業した詳細は次回に書きたいと思います。)

 

 

 

今回、自分自身の過去を振り返ることで、私には『学歴がない』『失敗を認識しない』ことが改めてわかりました。

 

私はいつも“ある“にフォーカスするようにしているのですが、今回は自分自身の”ない“に気がつけて良かったです。

 

”ない“にフォーカスして行動を起こせなかったら今の現実はないと思うし、専門学校を中退したことや、中途半端なワーホリも失敗といえば失敗かもしれないけど、私にとっては貴重な出会いや経験になりました。

 

私が過去や失敗を後悔しない理由は、性格上楽観的なので、過去よりも未来を見てしまうからだと思いますが、

一番は「全部自分で決めてきた」からだと思います。

 

どんな結果であれ、自分が決めて行動したことだから心から納得しているのでしょうね。

 

歴史はパターンです。自分の歴史を振り返ることで自分自身のパターンがとても明確に浮き上がってきますね。

 

皆様も自分の歴史をぜひ振り返ってみてください。

自分自身のパターンを知ると今現在の位置や今後の方向性が見えてくるかもしれません。

 

 

後編はこちら

私が会社員から起業したきっかけ②~自宅サロン開業編~

 

三浦沙矢香

三浦沙矢香

三浦 沙矢香 1984年10月19日生まれ 3歳5歳7歳の3児の母 ママであっても自分の可能性に挑戦し、「死ぬこと以外かすり傷」というマインドで仕事も遊びも常に全力。 サロン店舗経営・保育園向けメンタルヘルス事業・ママ雇用支援・ビジネスサポート・コミュニティ運営など、幅広く活動している。 自身が信頼できるプロフェッショナルの人たちと組んで、楽しくてワクワクするビジネスを展開中

店舗ページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

TOP
掲載ご希望の方へ
  • お問い合わせ
  • 掲載ご希望の方へ
  • 取材・メディアの方へ