お仕事復帰白書〜第1子編~

2019/04/14

こんにちは。

Work as life 三浦沙矢香です。

 

4月からお仕事復帰のママ、

保育園準備や仕事復帰に向けてワクワクしつつも、

漠然とした不安や、このままでいいのかなーというモヤモヤ。

いろんな思いが入り混じる季節ですね。

 

サロンにいらっしゃるママ達との会話でも

「仕事復帰後のタイムスケジュールについて」や、

「完母から混合への切り替え方法」

「夫との家事の分担方法」など、様々なことを聞かれます。

 

ということで、

今回は私が「1人目の産後4ヶ月で仕事復帰した時のこと」をシェアします。

これから仕事復帰されるママのお役に、少しでもなったらいいなと思っています。

 

 

私は2011年12月に第1子である長女を出産しました。

 

当時は化粧品販売スタッフとして働いていましたが、

産後すぐに仕事復帰する予定だったので、

出生届と同時に保育園入園の申し込みを出して、

無事に2012年4月からの保育園入園が決まりました。

 

当時はそのお店のリーダーとして働いていたので、

すぐに仕事復帰するのが当たり前だと思っていたのと、

0歳クラスの4月入園じゃないと保育園に入れないと聞いていたので、

復帰への迷いはありませんでした。

 

でも実際に育児が始まり、夜中の3回の授乳が当たり前の毎日。

完母だったので誰かに長時間預けた経験もなければ、

入園に備えてミルクの練習をしようとしても全く飲んでくれませんでした。

 

このまま仕事復帰したらどうなってしまうんだろう…と、

当時はただただ不安でした。

 

4月になって慣らし保育がスタートすると、

まだ4ヵ月だった娘は別れ際に泣くこともなく、

家ではあんなに嫌がっていたミルクも保育士さんのおかげで飲めるようになり、

完母から混合へも問題なく移行できました。

 

ただ、最初のうちは私の胸が張ってしまうので職場で搾乳していました。

搾乳していたおかげか、乳腺炎になることありませんでしたが、

お仕事復帰後に乳腺炎になるケース、結構多いので母乳のママはお気をつけくださいね!

 

ただ、私は母乳をあげているうちは夜中の授乳が2〜3回は必ずあったので、

睡眠不足が続いたのが辛かったです。

 

当時のタイムスケジュールは、

毎朝5:00起床、身支度と夜ご飯の下準備&家事→6:00娘を起こす、授乳や保育園準備→7:45保育園登園→そのまま通勤→8:50出社→17:00退社→18:00お迎え→18:30夕ご飯→まったりタイム→20:00お風呂→21:00寝かしつけ(私も寝落ち)

という日々…

 

週に1〜2回は母に来てもらって、22:30までの遅番勤務もしていました。

もちろん土曜日も出勤あり。

当時は夫も仕事が忙しく日曜日もワンオペだったので、

今思うとよくこなしていたなと我ながら感心します。

 

生後7ヵ月頃までは混合だったので、

夜中の授乳があり睡眠不足で結構きつかったですが、

完ミに移行して少ししてからは、夜中のミルクもなくなり、

やっと睡眠が取れるようになりました。

 

こんな感じで毎日が慌ただしく、とにかく時間との戦いの日々でしたが、

私自身は仕事が好きだったので時間はなくて忙しいけど、充実感はありました。

でもやっぱり忙しかった…!

 

1人目が1歳になるころに2人目を妊娠してからは、

その後どうなって仕事と育児を両立していくか、このままでいいのか、

考えさせられる期間となりました。

 

2人目の育休中に感じた仕事と育児の両立や仕事復帰のストーリーは

また次回お伝えします。

 

毎日自分の時間も取れずに育児を頑張るママ。

仕事と育児の両立を頑張るママ。

本当にすごいと思います!

 

仕事復帰に向けて不安もあると思います。

仕事をしたくてもできない環境のママもいると思います。

 

頑張りすぎる必要はありません。

育児も家事も完璧なんてありません。

 

ちゃんとママ自身をいたわってください。

周りと比べなくても大丈夫です!

 

疲れた時はしっかり休んでくださいね。

 

 

編集:Work as life事務局 麻生由紀子

三浦沙矢香

三浦沙矢香

三浦 沙矢香 1984年10月19日生まれ 3歳5歳7歳の3児の母 ママであっても自分の可能性に挑戦し、「死ぬこと以外かすり傷」というマインドで仕事も遊びも常に全力。 サロン店舗経営・保育園向けメンタルヘルス事業・ママ雇用支援・ビジネスサポート・コミュニティ運営など、幅広く活動している。 自身が信頼できるプロフェッショナルの人たちと組んで、楽しくてワクワクするビジネスを展開中

店舗ページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

TOP
掲載ご希望の方へ
  • お問い合わせ
  • 掲載ご希望の方へ
  • 取材・メディアの方へ